Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ブラ○モトシ

ライカとハッセル

Y.写真集の話

ロベール・ドアノー「ドアノー写真集」

東海道中のさなか*1なんですが、ロベールドアノーの写真集を手に入れました。「パリ」「子供たち」「ポートレート」「パリ郊外」の4冊からなる結構なボリュームの写真集なのですが、古書でわけありのものを破格で手に入れることができたんです。 1日1冊シ…

「夜のパリ」 ブラッサイ

以前アジェの話を書きました。 ジャン=ウジェーヌ・アジェ - ブラ○モトシ3aアジェは1900年代の写真家で主に人からの依頼で昼のパリを撮っていたいわゆるベルエポックの時代の人なんだけれども、それから少し後の時代、ブラッサイは夜のパリを撮り続けました…

マグナムが撮った東京

ちょっと面白い古本を見つけました。「マグナムが撮った東京」展のカタログです。 2007年に写真美術館でマグナム創立60周年を記念して開かれた企画展の図録のようでして、終戦から現代までの東京を時代順に様々なマグナムのメンバーが撮った写真で構成…