ブラ○モトシ

ライカとハッセル

Olympus Pen EE-2 / Pentax K-x

縁側にペン
ハーフ判で単焦点、パンフォーカスのEEカメラが欲しいなーと思ってたんです。
そしたらバッチリなのがこのオリンパスペンEE2でした。

とても売れたペンの中でも最も普及した機種で、とにかく押せば撮れます。
yashica half17ももちろんお気に入りなんだけど、直進ヘイコイド式で結構ピントがシビアなところがあるので、目測に少々気を使うと思うんです。
(案外2m~3m付近はアバウトなのかもしれないけど…。)

そこでまたまた200円で手に入れちゃったわけなんです。
とりあえずシャッターは下りるし、セレンも生きてる。
露出不足警告の赤べろが動かない、絞り羽が微妙。あとはOKと言うことでさっそく分解清掃。

すごく良くできた機械で、仕組みも分かりやすいし分解もしやすく、小一時間で完了。

で、早速試写してきました。

ついでに少しこのカメラを被写体に撮影してきたので、よかったら見てみて下さい↓

motoshi ohmori - View my 'Olympus Pen EE-2' set on Flickriver

なんかこう、古き良き日本の風景が良く似合うカメラだと思います。
オリンパスの歩み カメラの歴史:オリンパスペンEE-2

1968年~1977年3月

型式:ハーフサイズレンズシャッターカメラ

レンズ:D.Zuiko 28mm F3.5

焦点調整:固定式 4m

ファインダー:アルバダ式ブライトフレーム 0.5倍

露出計:セレン光電池、プログラムEE方式

フィルム感度対応範囲:ASA25~400

シャッター:オリンパス製1/30.1/250秒自動切り替え(後期型1/40.1/200秒)

シンクロ接点:X接点

フィルム巻き上げ:リア-ワインデイング式

電源:セレン光電池

サイズ:108x66x42mm、335g

発売価格:11.000円

http://homepage1.nifty.com/olympuspen/spec/penee2.htm