ブラ○モトシ

ライカとハッセル

looking for / Kyocera SAMURAI ×0.3

2012-0209-kyocera-samurai x3.0-kodak-profotoxl100-023
キャンディッドフォト、というのに興味を持ち始めて早数ヶ月。
カメラを手にしたら必ず練習するようにしている。
まぁ練習兼実践なんだけど。。。

上手くいくと、とても楽しい。
何が楽しいかというと見ていないこと

基本ノーファインダーだから、見るまでわからない。
これがデジカメだと、すぐに「上手く行った」「ダメだった」が判断できてしまって楽しくないんだけど、
そんな時はハーフ判のカメラが最適。

枚数が撮れるから多少の無駄どりも気にならないから。

                                              • -

そういうことをしていると撮ったことすら忘れてしまうこともあるんだけど、
そんな忘れていた中から一枚。

交番で道を尋ねる一場面。
どうどうとレンズを向けるのもはばかるような場面。

片手撮りができるサムライで、肩越しに背面撮りしてみた。

こう撮れるかな?とすら考えていない、、、から楽しいんです。

ただ、これをもう一歩進めて何かを感じた時、撮る。

普通撮影する時は結果を考えてから撮りますよね。

この場合は結果ではなく原因から撮り始める「何かを感じた」という原因・発端の方から撮るというところに楽しみを見出してます。
今のところ。

Remove all ads