ブラ○モトシ

ライカとハッセル

AUTO TAKUMAR 105mm f2.8 on Pentax K-x 試写&作例

f:id:motosix:20120710152653j:plain
ISO100 SS1/30 f8 WB:曇り 35㎜換算157㎜

続いてオートタクマー105㎜です。
f2.8と明るめ単焦点なので期待大です。

オートタクマーも絞りピンを押し込まないと開放でしか撮影できないので、改造マウントでボディに装着しました。

前回のフジノンZに比べて、やっぱり描写がいいですね。
こっちの方が実用的。

f:id:motosix:20120710153119j:plain

近くよりも少し離れたものの方がキリっとした写りになりますね~。

f:id:motosix:20120710154229j:plain
先に同じく「ボケ」と呼んでいた長寿梅を。
やっぱり手前だとキリっとしないんだな~

まぁまぁ明るくて、望遠で、描写もそこそこ良いので使ってみたい、、、かな。

今のところ
スーパータクマー55mmf1.8
オートタクマー105mmf2.8
フジノンZ 43-75㎜ f3.5-4.5
ビビター85-205mm f3.8
というのがM42レンズラインナップ。

すげー微妙。。。
だってどれも500円~1000円だったから~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑貧乏カメラの唯一の難点は「レンズ」だ。レンズは何年経ってもカビない限りは使い続けられるから、値段が安くないのだ。その中で安く手に入るものは「ワケ」があることが多い…。

Remove all ads