ブラ○モトシ

ライカとハッセル

どっちに行けばいいんだろうか! / Olympus μ

2012-1101-olympus-μ-fuji-superia400-012

さて、モノクロの現像もまぁ一通りできるようになって、
季節も12月になって、
12月はあまりブラブラする機会も少なそうだから、少し1年をまとめていこうかと思います。

僕は自分で言うのもなんだけど、わりと器用で、とても八方美人なので、何をやってもそれとなくできることが多いです。

だから例えば、高校生の部活はいくつも掛け持ちしてたし、
バンドを7つ位掛け持ちしてました。

しかも、楽器もバンドごとに変えてみたり、バンドをやりながらトライアスロンに挑戦するという変な高校生活だった。

あれ?

そんな昔からまとめる?

いやいや、要するになんにでも一応は手を出してみたくなる男くんなんですね。

これがいけない。

1つのことを突き詰めるってのができないんですな。

あ、でもね、それなりには一通りやるから、それなりには上手なんですよ。

ただ、それなり。

2年間の写真歴を振り返る!

もちろんそれまでも、必ず出かけるときにはデジカメを持って行っていたので、そういう意味ではもっと長いし、中学生の時は写真部だったから、なんかちょこっと写真を撮っていた記憶はあるんだけど、まぁそれもそれなりにしかやってなかったの。

2009年

嫁の影響でフィルムカメラを始めようとCANON AE-1でなんか撮る。
が、フィルムの巻き上げ方がわからず、無理やりひっぱったらガリガリガリ、、、、
一応現像に出したら、プリントが3枚とボロボロのネガが返ってくる。
こんなコストパフォーマンスの悪いこと2度としない!と心に誓う。

2010年

6月

初めてのデジタル一眼を買う。自分でカラーが選べたら愛着もわくだろう、という理由だけでペンタックスK-xを選ぶ。最初、真緑にしようと思ったけど嫁の「飽きるよ」の一言で「ネイビー×ホワイト」にした。これ正解。なんか色々撮る。

2011年

3月

フリッカー始める。数日後proにしてるから、きっとこの辺りから写真をちゃんと始めたくなったんだろうなという推測。

8月

フリッカーでもきちんとタイトルや詳細を記入してる。楽しかったんだろう。
今は面倒だから書かない。クロスプロセスモード大流行。

10月

友達のトイデジがうらやましく、「Gizmon Half D」を買う。
資金はベースが1万円で売れたから、それで。
ただ、いまいち「ハーフモード」が思ったのと違くって、ほんじゃちゃんとした「ハーフカメラ」を買ったらいいんじゃーん!って気がつく。


続く…。

Remove all ads