ブラ○モトシ

ライカとハッセル

Y.M.O / Kenko PO0

2013 0314 yashica electro35 cc fuji neopan 400 presto microfine 003-2

FujiNeopan400presto/microfine 1:1 5.75min 20°/f8 AE 35mm

先の記事のコメント欄で「邂逅」の話がでて、これは僕がYMOが好きで「邂逅」という曲が好きなので、って話をしたら無償に懐かしくなり今聞いてます。

今聞いてるのは「Absolute Ego Dance」です。
「邂逅」と「Perspective」を聞いてからですね、この2曲はなんだか自分の中でセットなんです。

ところで、YMOと言えば坂本龍一氏だと思うんですが、僕は高橋幸宏さんの変な歌声が昔から大好きです。

坂本さんと言えば、僕は一度だけお話をしたことがあって、というより無理やり話したんですが昔バイトしていた読売巨人軍の本拠地でお忍びでいらしていた氏を300m先位に見つけまして(まぁ300m先なんて見えないんで、おそらく100m位でしょう。その時の僕のイメージ。)ダーっとダッシュして「何かお困りのことはありませんでしょうか!!」と話しかけたんですね。
係員だったんで。

そしたら「別に…。」と氏はおっしゃっておりましたとさ。

この逸話以来僕は「坂本龍一とお話したことがある男」に昇格したんですが、おかげで話題にはなりますね。4年に一回くらい使います。

YMOといえば、

僕はまるで興味がなかったんですが、高校時代の友人のK君が「良いから聞け」ってことで聞き始めたんですね。
僕はどっちかって言うと「しょうがないからベースに転向したギター少年」だったので、あんまり興味がなかったんですが、徐々に好きになりましたね。

いまだに電気グルーブのまりんがカルトQのYMO大会で優勝(してたよね?)したときの映像をYoutubeで見てムフフっとか言ってます。

この話も語り始めるととても長くなり、長い割におもしろくないのでこの辺にしておきますが、バスの中でコックリコックリしていた爺さんがあまりに気持ちよさそうなので一枚撮っておきました。

さすがレンジファインダー
僕は撮った瞬間に「背景がイマイチ」ということを察したのですが(エアコン祭りまでは見えてないのよ、走り始めてたからね)、ホンじゃもう一枚背景が良いところで撮ろっかなーとも思ったんですが「演出のない瞬間を切り取る」のがスナップの本分であるならば、それはいかんだろう。と思いなおしてやめましたよ。

しかし、人が陽だまりでうたた寝てるのって本当幸せそうで好きだわ~
仮に不幸でも、その瞬間は幸せだよね。

ところで

お気づきかも知れませんが、もはや僕の日本語は崩壊、アルマゲドンを迎えておりまして「ああ、あの誤字脱字はある意味演出の一環だと思って、特に注意しなかったよ。」と嫁にいわれる始末でございます。

このままでは「近頃の若者は文字もろくに書けんのか!」という気難しいおっさんになることができないので、それを矯正する為にはじめたブログがこちら!

motography -b&w snap in tokyo-
このちょいとまじめに書くフォトエッセイではなんと!
読み返してます。きちんと誤字脱字がないかチェックをし、更に嫁さんチェックまで入れてます。
よろしければぜひご一読を。

さて、最後にPO0

「ピーオーオー」ではなく、ましてや「ポゼロ」など読むわけもない「ピーオーゼロ」フィルターが僕は好きなんですが、整色フィルターってやつなんですが、緑色をしています。
これで撮った感じがいつも好きだなーと一段落ちるクセに常用しているんですが、先日晴れてコニカ3Aの「35.5mm」というとても半端なフィルター径の「PO0」を手に入れたんで、次回はこれで行きたいと思います。

整色フィルターは人物撮りに向いてるよ!って教科書には書いてありますが、僕はとりあえず緑色が大好きなので、レンズが緑だとなんかカッコイイ感じがして好きなんです。
もちろん写真に現れる効果も好きなんですけどね。


今週のお題「ねむい」てのが目に入ったのでそろそろ寝ることとします。
それではまた、明日のブラモトシで会いましょう、さようなら。

Remove all ads