ブラ○モトシ

フィジカルグラフィティ

ナチュラクラシカでポートレート2 NPシステムを使いこなそう / naturaclassica ilford hp5+ d76 ei1600

2013 0820 naturaclassica ilford hp5+ d76 ei1600 003

ILFORD HP5+ D-76 1+1 ei1600 20C 18min

ナチュラクラシカでポートレート / Naturaclassica Ilford hp5+ D76 ei1600 - ブラ○モトシ2
NaturaClassica を旅行に連れて行きたい!なのでNPモード考察(モノクロ使用) - ブラ○モトシ2
NATURA CLASSICA 考察 - ブラ○モトシ2

はい、先に考察したとおりナチュラクラシカでNPモードを使用すると、
明るい所ではISO400程度、暗いところでISO1600程度、実現像は1000位という話をした(あくまで私的な考察ですが)んですが、これを操ると何が良いかというと「一日中これ一台で良い」ということなんですね。

超高感度フィルムを入れても日中はISOを下げて撮ってくれるので「明るすぎて撮れません」というエラーもでないですし、もちろん暗い所でも広角28mm端でF2.8まで開けて撮ってくれるってなわけです。

2013 0820 naturaclassica ilford hp5+ d76 ei1600 008

こちらが先のハイキーポートレート。
一枚目と二枚目、まったく同じカメラとフィルムで撮ってるわけですが、何が違うのかというと
一枚目はかなり暗い所(報国寺の竹庭にある抹茶いただくところ)だったのでISO1600相当で撮っているわけですね。

絞りも結構開いてて、背景は白飛びしてます。
で、2枚目は大きな窓の日中店内なのでこちらはISO400相当で撮影された模様。
だけど現像はEI1600で行ってるので+2段くらい補正のかかったハイキーな写真ができあがるってなわけですね。

なので、言ったら露出補正ができるカメラで+2したら同じにはなるはず…。

まぁこれというのも僕がライカ用の大口径レンズを持ってないからでして、、、
立体感とか空気感みたいなものはかなうべくもないんですが、まぁとにかく便利なこのカメラ。
女性に人気が出るのもよくわかります。

ただし!
デジカメのオート●点測距AFと違って、あくまで中央1点AFの中央重点測光ですから、スナップには向かないんですが、ポートレートには丁度いいですね。