ブラ○モトシ

ライカとハッセル

カールツァイスコシナビオゴンで妻を撮る / CarlzeissT*Biogon35/2ZM

05 20140213 LeicaM4-P Biogon35  IlforadPanF+ Rodinal 005

では続き。
次は現行コシナカールツァイスのビオゴン35ZM。
オールドレンズって味があって楽しいんですが、例えば感度の関係で絞りは開けて撮らなければいけない時。
フレアもゴーストもソフトフォーカスもいらない!ただキレイに撮りたい!
って時。
いくら明るいレンズといってもこれらクセが出まくる玉しかないと「ああぁ…」となりますよね。

そんな時はこれ、はい!ビオゴン35。
開けても閉じてもとりあえず優秀でもちろん味もある。

f2あればLV5とかでも充分いけます。


08 20140213 LeicaM4-P Biogon35zm IlforadPanF+ Rodinal 007

て、ことで開放で。
ボケも自然で嫌味なく。
サイズも小さいし見た目はかっこいいし。

ただ優秀すぎてあまりスタメンに選ばないんですが、何か一本ってなったら迷わずこれですね。はい。


続く。
次はエクター47mm!


※評価はあくまで撮影してみた僕の主観です。

Remove all ads