ブラ○モトシ

ライカとハッセル

2014 0327 沖縄 旅の反省会

f:id:motosix:20140328195109j:plain

初めてのLCC強行日帰りツアーは色々な意味で学びが多かった。

「旅なれる」という言葉があるけども、旅の様式の違いはカメラやフィルムの種類と同じくらいの違いがあった。

結婚前夜の僕たちの旅の様式は主に車移動だった。
それは他の手段が特に思いつかなかったことや、自分が運転好きであったことに起因するんだけれども、車での旅というのは点と点を繋ぐような作業としては便利この上ない手段だけれども、情緒という意味では欠如していると言わざるを得ない。

つまるところ僕の口調が形式ばるほどに今回の車移動はつまらなかったということ。それは今回の旅で南部沖縄に期待していたのは青い空と白い砂浜。道の先から見え隠れするエメラルドの海。であったのに対して今回は「成田の山中をさまよう」ようなドライブであったことに他ならない。

旅の情緒は歩きから

これは大切でした。まあ人によるだろうけど。

f:id:motosix:20140328200547j:plain

旅にカメラは一台で。
これは真理。

それでも今回はかなり減らした気分でいったんだけど、カラーフィルムのライカミニルックスとモノクロを入れたM4-P。
レンズは21 28 45の3本。
外付けファインダーにチェキ、という内容でした。
特にチェキは旅先で撮ったその場で画像が見られてしかも記念にもなるので必ず持って行きたいんだけど、セルフタイマーがないのでしょうがなくそこらへんの人に頼まざるを得ない割りにはファインダーパララクスや癖のあるストロボのおかげでうまくいかないことが多い。
ということでやっぱりセルフがついたチェキが欲しいぞと。

あとカメラ、レンズは少ないに限る。
Ⅲfとエルマー50だけで行った(夜用にナチュラクラシカも)前年の鎌倉旅行はフイルムもアクロスei50に統一したので全体的に統一感があった。

そのレンズで撮れないものは諦めろ

というのが大切かもしれない。
だから実は28ミリから56ミリまでカバー出来て写りも良いナチュラクラシカのようなコンパクト機は重宝するのである。
が、あれは光量不足の時になるピーピーうるさい音をなんとかできないもんかいな。

だからね、レンズ交換式なら50と28の二本か35ミリ一本ね。え?ズミルクス35買え?いやいやいや^^;

というのがカメラ的な反省。


f:id:motosix:20140328202215j:plain

最後の誤算は夜の大江戸温泉から直行便だな。
時期的に大学生が休みであったことなどもあってやっぱり若干落ち着かない雰囲気であることや、男女で共用できる休憩場がリラクゼーションルームしかなかった為、横になって休めなかったことが結構最後まで響いた気がする…。

そんな若者ナイズされた場所だからか、内部の食べ物の高価なのにレベルが低いあの感じ…。
せっかくのLCCが台無しである。
今後はそういったセーブのタイミングもLCC格安旅行を楽しむポイントだなと、夫婦反省会議の議題にもなってました。

次回は始発電車からの直行便を試してみようと思います。
あ、あと男1人なら横になって仮眠できるスペースもあるのでまた変わるかも。女性専用部屋もありました。



そんなこんなで、天候のせいもあり(出発の2日前に晴天から雨天に180度)ほぼノープランにおちいったのもあったんですが僕らやっぱり夫婦旅が大好きなので当たりもあればハズレもあるぞということで次回は同じタイプの大分日帰り旅に向けてシミュレーションしていきたいと思います。

その前にまた一人旅も行きたいなー
Remove all ads