ブラ○モトシ

ライカとハッセル

ブラ○モトシ 東海道編 五日目箱根湯本~三島#1 箱根湯本出発

CanonSX280HS 010

【あらすじ】
東海道を歩いて京都まで行く(いつの日か)ことを目標に始めたロングブラ。
四日目は箱根小涌谷で一泊してついに箱根峠を越えます。
とりあえず登山鉄道で箱根湯本まで始発で戻ります。

ダイジェストムービー


ダイジェストムービーを作ってみました。ダイジェストムービーモードという機能で撮ってます。
今回はですね7分目からの道に迷ったことを知って呆然とする10秒間がオススメですw

箱根湯本に戻る

CanonSX280HS 011

宿泊先のB&Bパンシオン箱根を朝4時半くらいに出発しまして、箱根登山鉄道の始発に乗車します。
朝の小涌谷、誰もいません。自分の歩くザックザック音と鳥の声、蝉の声。
イイ感じ。
が、10分も歩くと散歩のおじいちゃん。ツワモノですな。

CanonSX280HS 003

昨日パンパンに張っていたふくらはぎも湿布と箱根の湯のおかげでなんとなく回復。
さすがの箱根の湯は、今までの温泉とはわけが違いました。

CanonSX280HS 006

駅が見えてきたところで朝日が昇ってきた。さてがんばるぞ。
箱根八里って言いますが、それは小田原宿から八里なのですでに二里近く歩いてますから残りは六里(=約24キロ)。
しかも山道、上り12キロ下り12キロです。

箱根湯本早朝

f:id:motosix:20140725060304j:plain
さて、着きました6時。
エバンゲリオンの綾波さんの出迎えられ、あ、ヴァですか?エヴァ
まぁいいか、到着です。
ちなみにこの数時間後に山の中で「ああ、ここに基地つくるのもわかる気がする」とつぶやくことになろうとはこの時は知るよしもなかったのだった。

f:id:motosix:20140725061340j:plain
観光地の早朝ってあんまり馴染みがないので新鮮ですね。
昼間は人だらけの湯本商店街。
商店街で唯一開いてるのはコンビニなのでここで朝の補給をすませていざ旧街道へ!

f:id:motosix:20140817152028p:plain

早雲寺

f:id:motosix:20140725062628j:plain
まずはいつも箱根湯本にいってもちょっと坂の上な為にスルーしてしまっていた早雲寺へ。
楽しみにしてたんだけど、本堂は工事中....orz
f:id:motosix:20140725062702j:plain
でも開いてはいたので鐘楼などをちょっと拝見しておしまい。
2014年の除夜の鐘も中止とのことなのでまだしばらくは修復作業が続くんでしょうかね。

箱根湯本一里塚

f:id:motosix:20140725064313j:plain
風祭一里塚から1つ目の一里塚です。
ここ結構見逃しがちな場所にひっそりありました、注意。
ええと「静観荘」のすぐわきです。
f:id:motosix:20140817153538p:plain
この一里塚を超えましてついに街道は石畳道へとはいります!ドキドキ。

石畳を進む!

CanonSX280HS 032
最初はちょっと感動したんですが、すぐに滑るし硬いしで不評でした、僕に。
f:id:motosix:20140725064921j:plain
ちょっといくと箱根湯本ホテルの渡り廊下下を猿橋を渡ってくぐります。
f:id:motosix:20140725065252j:plain
少し進むと福寿院のところから県道に戻ります。
芦ノ湖までは基本的にこの県道732号と旧街道の石畳道を交互に進んで行く形です。

まずは間の宿「畑宿」を目指して歩きます。が、本当車道と石畳の繰り返しだったりして実際に歩くのは楽しいんですが、ここでいちいち書くこともないのでまずは須雲川集落まで!
f:id:motosix:20140725072009j:plain

しばらく民家はないんですがここ「須雲川」に少し集落があります。
昔は街道の整備の為にこうした集落が点々としてたそうです。
f:id:motosix:20140725071948j:plain
と、ここに書いてありましたw

民家以外にはホテルや旅館は点在してるので人はいなくもないんですけどね、まだ早朝なんで。
集落あたりで午前7:20。ああ、一時間以上歩いてたんだ…。

つづく。

今回歩いたところ

f:id:motosix:20140817220718p:plain

Remove all ads