Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ブラ○モトシ

ライカとハッセル

ブラ○モトシ 東海道編 五日目箱根湯本~三島#3 畑宿から元箱根へ

CanonSX280HS 152

【あらすじ】
東海道を歩いて京都まで行く(いつの日か)ことを目標に始めたロングぶらり。
四日目は箱根小涌谷で一泊してついに箱根峠を越えます。
早朝6時箱根湯本を出発して畑宿に到着したのが朝8時。
一気に芦ノ湖、箱根宿を目指して歩きます!

ダイジェストムービー


ダイジェストムービーを作ってみました。ダイジェストムービーモードという機能で撮ってます。
今回はですね7分目からの道に迷ったことを知って呆然とする10秒間がオススメですw

畑宿一里塚

f:id:motosix:20140725080438j:plain
朝の畑宿はあんまり人がいませんでしたが、、ようやく数名と朝の挨拶しました。
久しぶりの会話はなんか気持ちいいですね。
f:id:motosix:20140725080619j:plain
お店は開いてないですが公衆トイレや自販機があったので少し休憩。
いやー朝から暑かったなー500mlペットを一気に飲み干してましたね。

そして久しぶりの現存一里塚!!
f:id:motosix:20140725081820j:plain
f:id:motosix:20140725081828j:plain
品濃の一里塚以来のちゃんとした感じ!あ、でも復元なんですね、そりゃそうか。
右がモミで左がケヤキだそうです。
なんとなく小学生くらいの時に見に来たことがある気がしてきました今w
f:id:motosix:20140725082148j:plain
f:id:motosix:20140725082206j:plain
さて、これまた戸塚品濃以来の空中東海道を通って、一路芦ノ湖畔の箱根宿を目指そうと思います!

七曲がり・樫の木坂・見晴らし茶屋

f:id:motosix:20140823224405p:plain
さて箱根新道を陸橋式に越えた東海道はつぎに「七曲がり」に差し掛かります。
はい、みたまんま七回曲がるヘアピンカーブ!
これはきつい!車でも大変。
f:id:motosix:20140725082915j:plain
2回目のカーブは徒歩の場合のみ階段でショートカット可です。
f:id:motosix:20140725083125j:plain
f:id:motosix:20140725083604j:plain
ガードをくぐったりしてグネグネ上ってくると「樫の木坂」があります。
これのおかげで徒歩は3曲がりくらいパスできます。んが。
この階段がきつい(T_T)心臓バクバクで死ぬかと思った、ほんとバクバクしたw
f:id:motosix:20140725083941j:plain
くるしくてドングリほどの涙がでるよ。と詠まれたほど。
この後三島で「コワメシ坂」というヘビーな坂を下ったんですが、あれもすごかったなー
それはまたその時に。
f:id:motosix:20140725084526j:plain
樫の木坂は途中で分岐して見晴らし茶屋へ行くことができます、が、ハッキリ言って心臓が止まりそうなんでそんな余裕もないんですが、ここでまた水分が尽きてしまってたんですね~水って1リットル持ってると1キロ重くなるからなるべく500mlをちょこちょこ買って飲むんですがなのでたまに底が尽きるんですよ。
なので、水分補給の為になんとか頑張って見晴らし茶屋まで上りました!
f:id:motosix:20140725085820j:plain
ん~ナイスな見晴らしですが、茶屋はクローズドTT)
朝の九時だもんやっててもいいのにねー。
あーここらで畑宿に到着してからもう1時間経ってますね、急がねば。
で、結局のどは乾いたまま先を急ぐのでした。

甘酒茶屋

f:id:motosix:20140725090232j:plain
思いだした、結構つらくって猿滑坂の辺りでヘタリこんでしまって、でもそこ車道の脇だから結構車に見られてはずかしかったなー^^;
2、3分だけどね。
f:id:motosix:20140725091840j:plain
さて、ウッソウとした石畳道だったり
f:id:motosix:20140725092437j:plain
f:id:motosix:20140725092429j:plain
ハタマタ道路の上のなんか小路っぽいところを進んだりして元箱根まではあと3キロ。
しかしいい加減なんか飲みたい!
で、これ面白いことに昔の人も同じなんだよね。
ここで水なくなるのよ。そうするとタイミング良くあるんだなー
甘酒茶屋
f:id:motosix:20140725093353j:plain
f:id:motosix:20140725093646j:plain
シソジュース!!400円!!
ついでに水も補給して再出発。ここいつも観光客いっぱいだからなーと思ってたんだけどさすがに朝9時半からはあんまりいなかったです。
トイレも久しぶりにあったね。ただ汗でどんどん出るから全然もよおさないのだよ。

道に迷う

f:id:motosix:20140823232357p:plain
さて、甘酒茶屋を出発したワタクシ。
上記の通り道を間違えます。なんかシソジュースに気をよくして目の前の車道を歩き始めてしまったのです。
f:id:motosix:20140725094949j:plain
そして見るからに怪しげな入り口。今見ればモロ「ハイキングコース」って書いてあるのに、なんかこっち入っていっちゃったんですねーw

f:id:motosix:20140725095304j:plain
そうかー昔の街道にもこういう山道があったんだなー
f:id:motosix:20140725095632j:plain
それにしても足場悪いなーだれもいないなー先も見えないなー
f:id:motosix:20140725095433j:plain
で、20分くらい山道を上ってですね。
「山頂まで●m」とかいうのを見つけて「山頂!?」ってなった時のボー然としてるのがダイジェストムービーの7分目くらいでご覧いただけますw
いやもういっそ登ろうかな―って思ったもん。どうしてこんなところで道を間違えられるのか不思議に思ったもの。

旧街道を芦ノ湖まで

f:id:motosix:20140725101634j:plain
すっごいタイムロスをしてまた戻って来ましたTT)
茶屋からここまで1時間使ってしまった…。
箱根峠に12時が目標だったんですが今10時15分。
箱根峠は芦ノ湖のあっち側で湖畔到着後もまだ少しあります、急ぎます。
f:id:motosix:20140725101855j:plain
ここからは若干整備された石畳道が芦ノ湖畔まで続きます、がそれでも足痛いです。
(ちなみに僕のシューズはウォーキング用の底が柔らかい靴に更にとても柔らかいインソールを入れてるのでとがってるものがダイレクトにささるんですよね。トレッキングタイプの底が固めの靴なら問題ないと思います。)

そしてついにここで第1村人発見!
おじいちゃんとおばあちゃんが歩いてきて「今日はじめて人に会いましたよー」と。
僕も「湯本から歩いてきてはじめてですよww」と答えておきました。
湯本付近の散歩の人と、畑宿の住人以外はだれにも会ってませんでしたからねー。

ここからはだいぶ人気もあって、年配の方が結構歩いてました。
f:id:motosix:20140725103713j:plain
ここら辺からは本当そんな感じでサクサクっと進みました。
f:id:motosix:20140725104335j:plain
権現坂にはこんな立て札があったんですが、本当昔の人とおんなじ所で「つらいなー」と思ったり「やっとついたー」とか「なんかのみてー」とかなんかですね、そういった時代を超えた共有って言うんですかねー。人間歩きになると今も昔も変わらねーなーと思った次第です。

元箱根・芦ノ湖畔到着!

f:id:motosix:20140725110510j:plain
そんなこんなで半分来ましたよー!
元箱根、ちょうど海賊船乗り場付近まできました。
ここは確かおととしも来たなーとか思ってしばらく休憩しながらボーっと湖面を眺めてました。
f:id:motosix:20140823234210j:plain
おととしの写真、あったあった。ネガのまんまだw

さてさて、ついにこの後あの箱根の関所を超えるわけです。
昔の人もですね、この先にある箱根恩賜公園辺りでレクチャーを受けてから関所に望んだそうです。
湖畔のセブンイレブンでまた水を買って、いざ関所へ!

つづく

Remove all ads