ブラ○モトシ

カメラは友達

Snap #172 たまには他のカメラも

20180524 Canon A-1 FD50 f14 AGFA APX100 D76_012-1

レンジファインダーのライカと、一眼レフのハッセルブラッド
それにコンパクトAFカメラがあると、それ以外はほとんど必要ない。

AFカメラは比較的新しいレンズなので、カラーネガを入れる事が多く、
イカとハッセルはほとんどモノクロを入れる。

しかし、写真を再開してから、どうも現像が上手くいかなくて、
そんな時は撮影の方から見直していこうと思ったわけだ。

そこで露出計がついているアイレベルファインダーの一眼レフを使って撮影をして、
それを適切に現像してみることにした。

まず、像がファインダーの中で再現されることが、久しぶりで慣れない。
ミラーでブラックアウトするのはハッセルも一緒だから、それほど気にならない。

結果、そんなに使いにくいものでもなかった。
シャッター音が大きいのはやっぱり気になるけど。

あとはやっぱり写りだねー。
ニューFDほどではないはずだけど、やっぱりキャノンはきっちり写るという印象。
絞りが浅くても、フォーカス面は正確に合う、あたり前だけど。


こっちは無補正でライカで撮ったもの。ヘクトール開放だったかな。
結果一眼レフの巻上げの音が大きくて、起きてくれたので良い一瞬が撮れたのが皮肉。