ブラ○モトシ

カメラは友達

Snap #193 真夏の少年

20180817 CanonEosRT Canon35-70 AgfaVista100_002

伊豆も11月になりめっきり冷え込んできました。
それでも海にはサーファー。

この所写真が停滞気味で、夏にとった海の写真もまだ現像していなかったり。

その中で久しぶりにジャンクボックスで見つけたコニカビッグミニの試写が終わったんだけど、
これがまた良い写りだった。324円という破格。

この写真は次回。

ぶらフォト #107 沼津編

20180524 Canon A-1 FD50 f14 AGFA APX100 D76_001-1

沼津にはたまたま用事があって立ち寄ったんですが、時間ができてしまって千本浜公園まで行ってみました。

沼津には本当は歩きで来たくって、4年ほど前に日本橋から歩いてきたんですね。三島まで。
motosix.hateblo.jp

なので、もったいなくって行けてなかったんですが、
千本浜公園の方は、街道から外れてるので実際は行けないだろうから、良いだろうと、
そう思って立ち寄ったのでした。

20180524 Canon A-1 FD50 f14 AGFA APX100 D76_017-3

なので、不本意ながら車で到着。
この時は写真を久しぶりに再開したばかりだったので、キャノンのA-1に50/1.4と24/2.8の2本を持ってきました。
(他にライカやクラッセも)

20180524 Canon A-1 FD50 f14 AGFA APX100 D76_015-2

このキャノンのFDレンズは、非常に正確に写し撮ってくれるんですが、何かこう、柔らかさがないですよね。

20180524 Canon A-1 FD50 f14 AGFA APX100 D76_006-4

写実的と言うんですかね、リアルではあるんだけど。

しばらく土手沿いに松林が続いていて、
20180524 Fuji KlasseS AGFA APX100 D76_022-2

そこを抜けるとヨットハーバーと工業地帯みたいなところに出た。
20180524 Fuji KlasseS AGFA APX100 D76_001-1

なんかクレーンがとても並んでいて、何枚も撮ったんだけど、
どうもセレクトには残らなかったらしく、写真は無いのです。

20180525LeicaM4-P Hektor50 RolleiOrtho25 Rodinal StandDev_013-1
この一枚はとても記憶に残っていて、ヘクトール50でローライオルソっていう特殊なフィルムが入っていて、
これは開放F2.5でかなり露出を色々考えて撮ったので、よく覚えている。

あの奥に見えるのが、水門で「びゅうお」っていう展望水門です。
あそこが沼津港。この後なんども行ってるから、すっかりなじんできてるけど。
この時はこういう風景は埼玉になかったので、楽しくてしょうがなかったなー。

さて、沼津の港に着いた。
20180524 Canon A-1 FD24 f28 AGFA APX100 D76_011-1

20180524 Canon A-1 FD24 f28 AGFA APX100 D76_012-2

さて、この港でどうもこの船が気に入ったらしく、何枚も撮っていた。
20180525LeicaM4-P Hektor50 RolleiOrtho25 Rodinal StandDev_019-2

20180525LeicaM4-P Hektor50 RolleiOrtho25 Rodinal StandDev_015-1

さて、下は先のキャノン(24㎜)で撮ったもの。同じ状況でもレンズとフィルムでこんなに変わるんですね。
20180524 Canon A-1 FD24 f28 AGFA APX100 D76_016-1
っていうのが確かめたくなって、色々撮りたくなる時もある。(1台だけで撮りたい時もある)

20180525LeicaM4-P Hektor50 RolleiOrtho25 Rodinal StandDev_018-1
この時は5月だったけど、日光が強くって、夏みたいな光線だったなー。
でも本格的な夏の光じゃなくって、すこしまだ空気が湿ってないっていうか、とにかく興奮したのは覚えてる。

20180524 Fuji KlasseS AGFA APX100 D76_011-6
こっちはクラッセで撮った一枚。A-1と比べてどうだろうか。
A-1の24㎜は、先の同じ場所では開放F2.8で撮った(こういう時ISO100は自由が効く)ので、やや柔らかく写っていて、
ラッセはオートだから、F8~F11と行ったところか。
絞るとやっぱりみんな硬くなるから、差がなくなってくるよね。
この間のオリンパスμもクラッセもモノクロだと良さがわからなくなる気がする。やっぱりカラーネガで行きたいところ。

この後、御多分に洩れず沼津港で海鮮丼を食べたり、財布を忘れて車まで焦って帰ったり、
一通り満喫した。

前述の通り、それから沼津には3回位行ってるかな。
この間行った時に入ったお寿司屋さんは美味しかった。マグロとかブリとか苦手で、基本生魚があまり好きじゃないんだけど(寿司はエビ・イカ・タコ・貝・いくらなどで愉しむ)その時はマグロうめ~イナダうめ~と言ってしまった。

20180524 Fuji KlasseS AGFA APX100 D76_031-1
あとは夕日が差す西伊豆をブラっとして帰った。
これは淡島。あわしまマリンパークのある所。なんか▲三角だね~と思って。

この後、いろいろ足を伸ばしているんだけど、静岡は横に広い!
どこまで行っても静岡なんだよね。
あと、北に狭いので山梨が近いんだよね。
その辺りとか、富士山とかね。行ってみたいよね。

Snap #189 この夏のMVP

20180726 MinoltaWeathermatic FujiSuperiaX-TRA400_024

とにかく、水中カメラが大活躍。
手にして早5年くらいか。ようやく日の目を見た。

そして海デビューの息子は、この夏の数回の海水浴で「泳ぐ」という概念をラーニング。

Snap #188 夏が終わるね

20180905 LomoLC-A NeopanPR400 SPD 1+1 018

●●中であることを告げる時に「絶賛」を付けるような言い回しがあるが、
あれは「絶賛販売中」とかのコマーシャルコピーをもじって言っているのだと思うが、
もはやその元の意味も理解されずに使われている気がして、なんだか好かない。

だから絶賛されているわけではないけれど、ただいま絶賛夏バテ中。

記録によればこの一ヶ月間ずーっと調子が悪いようだ。
確かに気分も落ち気味だし、なにかすっきりとしない。
よって写欲もわかない、が、家族を撮るのだけは別の軸なので、
そんな家族写真ばかりが増えていく。

昔は1本のフィルムを数カ月かけて撮っている、ということも珍しく無かったみたいだが、
おかげ様で僕の手元にはまだまだフィルムがたくさんあるので、ぜんぜん節約することなく、
とにかく撮っている。撮っているのはいいがそれは1枚ずつの思い入れも下がるので、あまり褒められたものでない。

そして、さすがに消費期限を過ぎて3年ほどたつので、カールがきつくなってきた。
それでもまだ100本以上あるから、使い過ぎずかといって劣化する前に使わねばならないという謎のジレンマ。

早く体調よくなりますように。

Snap #187 海は広いな大きいな

20180718 Minolta α sweet_minoltaAFzoom75-300_agfa vista100_012

昭和チックな平成最後の夏。

M・T・S・Hって

M・T
S・H

って4つに並べられることあるけど、

そろそろMは必要ないだろうから、、、

ところで、

MTSの文字を合わせるとそう「モトシ」ですね。
ブラモトシというこのブログのタイトルもあることですから、
元号は大胆にも「B」ではじまる!とここに予想しておきます。

わかりやすい(小学校低学年で取得)を考えると「文」ですが、
「文」の字は文化・文政・文治・文永・文和・文応・文亀・文安・文正・文明・文禄・文久・・・と、
かなり使われている。。。からもう無理かな。。。

他の「ば行」は万延・万治・万寿など「ばん」が期待できるんですが、
これらは「まん」読みなんですね。

しかし、「よろず」とも読むこの「万」を「ばん」と読むことで、
どうですかね。※他に「ば行」はふさわしい字がない。

そして、平成から一時借りる説を継承し、
「万成」なんてどうでしょうか。
「ばんせい」ですね。

岡山に「まんなり」って地名があるようですが。
「はんなり」より「まんなり」っとしていて、いいんじゃないでしょうか。

良いか悪いかは別だけど。