ブラ○モトシ

フィジカルグラフィティ

ハッとする写真 / Konica C35 E&L

P-2012-0809-konica-c35e&l-kodak-profoto-100-36-038

フィルムカメラは楽しいんだけど、できるだけお金をかけたくないので、自分でスキャンするようになりました。

このところ古コンデジにハマっていて、先日現像に出した10本分のフィルムにようやく手をつけ始めました。

写真って、色々な表現方法があると思うのだけれど、つまるところシャッターチャンスが一番だと思うんです。

狙って作るシャッターチャンスもあれば、たまたま撮れたっていう運任せなシャッターチャンスもある。そもそも「写真を撮る」という行為を行わなければシャッターチャンスはゼロだし、その時カメラを持っていなければ、その瞬間を伝えることが難しくなるのだ。

僕の貧乏フィルム生活。

そもそも、フィルム代に現像代、スキャン代とデジカメから考えると何かと費用のかさむフィルム写真。
デジカメが当たり前の近頃で、フィルム写真はあくまで選択の一つに過ぎないわけですよ。
でも、そのあえて撮るのが楽しいから愛好する人も多いんですね。

あー、で。
僕はできるだけ節約しないといけない、それはシャッターチャンスを生み出すような技術がないから、とにかく撮って撮って撮る。
しかないんですね。

フィルムは100円~200円まで。
いつもは140円程度で買えるエフィニティという逆輸入フィルムを使ってます。
で、現像は1本190円。+100円でデータスキャンもしてくれるんだけど、これを節約する為にフィルムをスキャンできるスキャナーを3000円で買いました。

30本で元も撮れると思って、最近その元もとった。

ということで36枚の写真を楽しむのに330円。
10本撮って3300円。10本撮るのにだいたい1~3ヶ月位かかるから月に1000円~程度だと思えばまぁいいかなってところ。

一枚の写真に出会うまで

現像から返ってきたフィルムはこのところ長巻き(カットしない)で返送してもらってます。

  1. ネガを6枚ずつにカット
  2. ネガシートに入れて、本の間とかで巻きを伸ばす
  3. スキャナーでオートで軽めにスキャン
  4. とりあえず全部スキャンしたら、紙一枚にコンタクトシート状に印刷
  5. ネガと一緒にしまう。

これで1フェーズ終了。だいたいここで一回力尽きるw

  1. 改めてコンタクトシートを眺める
  2. 気に入った写真は少し大きめサイズにスキャン
  3. フォトショでレタッチ
  4. ブログにアップしたり、プリントしたり

ここでようやく1枚の写真が完成!ってわけです。

だから場合によっては1枚の写真に3ヶ月越しに出会って、そこからスキャンまでに数週間開いちゃったりして。

最初はちょっとどうかと思ってたけど、だいぶ慣れました。

ハッとする写真

そこで、

あーあーあー。こんなの撮った撮った、しかもこれ撮るとき「絶対イイ感じ!」とか思ってたよね。

とか、思い出すわけなんですよ。

んで思い出しながら、上の手順で画像にまで持ってきて、はじめて

「ハッ」としたりするわけですw

「あら、い~じゃな~い」ってな感じで。

でもね。

フィルムカメラを撮りたい時も、デジカメは必ず持ってくの。
やっぱり早く伝えたいこともあるしね。

だから、フィルムのカメラもデジタルのカメラもみんな好きだし、出かける時にカメラが無いことが考えられないね。

ただね、最近気づいたの。
カメラをいくつも持ちたい時は、ショルダーバッグ。
ななめがけじゃなくって、肩かけね。

あれが一番楽だし、今撮るべきカメラを取り出すのに一番楽なんだな~。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑なんか久しぶりに文章を長く書いた、っていうかなってた。んだけど、相変わらず適当でびっくり。