ブラ○モトシ

ライカとハッセル

Trot toward to / Olympus XA2

2013 0620 olympus xa2 fuji neopan ss ei400 spd 020

FujiNeopanSS SPD EI400 stock(2nd) 20C 9min

オリンパスのズイコーレンズは2本持っていて50/1.4 と 28/3.5。
OM用レンズでどちらも大変クールな写りをしてくれるので、ツァイスの空気感に日本のジメっとした感じをプラスした…ってのが僕の印象。専門家がなんて言っているかは知らないけどね。
とにかく小ざっぱりとした感じ。

XAシリーズの廉価版XA2は35/3.5という標準的なスペックながら単焦点ズイコーということで「良く写る」なーといつも思います。

ホンじゃ「良く写らない」って何かっていうと「あ、ふーん。」みたいな写りをするということ。
特に目を見張るものがないというか。

ただしXA2のズイコーさんは良く写るものの周辺は甘いし流れるし光量落ちもするんだけど、言うほどではないです。そう、言うほど悪くないってこと。

これはやっぱりズームレンズなどと比べてしまうと差は歴然で、まぁそういった細かなところで細かな違いがでるのだなーと、最近レンズの構成などにも興味がわいてきた次第です。

良く写るけど空気感みたいのはないよね。2次元的。
今回銀座で撮った2本のうち1本を昨日現像したんだけど、そんなことを感じました。

はてなスペースの方にモノクロ写真部ってのがあって、僕が作ったんですが、そこでフォトコンペを開催してます。
今回はテーマを6月としてみたんだけど、これにしようかなーと思ったんだけど、そんな感じの理由でちょっと躊躇してます。

もう1本現像してからでもいいかな。